貸切輸送、フェリー輸送、食品共同配送と国内の輸送サービスは鈴与カーゴネットにおまかせください!
お気軽にお問い合わせください!
0120-335-401
受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
のお問い合わせフォームはコチラ!
Archives

「月刊マテリアルフロー」に当社川口会長の講演が掲載されました!

カテゴリー : お知らせ, サービス紹介
2020年1月30日 12:51

2019年11月25日に開催された
「ホワイト物流推進」東京セミナーにて、当社の川口会長が講演を行い、
その様子が「月刊マテリアルフロー2020年1月号」に掲載されました。

セミナーでは、「”運べなくなる時代”に物流ホワイト化、労働環境改善の考え方と事例を学ぶ」というテーマで、
川口会長からは、「運送業界から見たホワイト物流推進運動への対応と課題」が講演しました。

◆「ホワイト物流推進運動(リンクはこちら)」とは、
 深刻化が続くトラックのドライバー不足に対応し、社会インフラである“物流”の安定的確保のため、
 2019年、国土交通省、経済産業省、農林水産省が3省合同で、発信された運動です。
 弊社は、ホワイト物流推進運動の自主行動宣言をしている企業になります。(令和元年11月時点で659社)

◆月刊マテリアルフロー
 流通研究社 マテリアルフローオンライン    :リンクはこちら
 一般社団法人日本マテリアルフロー研究センター :リンクはこちら

ホワイト物流を推進し、新しい時代を切り開く鈴与カーゴネットグループを、今後ともよろしくお願いします!

投稿者 : 鈴与カーゴネット

「カーゴニュース」に、当社取組の「物流女子会」が掲載されました!

カテゴリー : お知らせ, サービス紹介
2020年1月14日 12:41

2020年1月14日版 「カーゴニュース」に、
鈴与カーゴネットと荷主企業の物流部門女性社員の交流を通じて、
物流改善を目指す「物流女子会」が、ズームアップ記事として掲載されました。

物流女子会の目的は「女性目線で見た物流に実態把握と改善提案」にあり、
そのために、
■定期的な意見交換
■荷主企業の工場や、物流現場の見学
■物流担当役員への提案活動
などを行っています。

運送を取り巻く環境、鈴与カーゴネットとしての取り組みを丁寧に紹介しつつ、
荷主企業の課題を共有させてもらうことで、荷主企業と運送会社とが協力して課題に取り組む関係を構築しました。

荷主企業とともに物流改善を目指す「物流女子会」を、今後ともよろしくお願いします!

投稿者 : 鈴与カーゴネット

新年 安全祈願へ行ってきました!

2020年1月6日 3:16

2020年仕事始め、安全祈願のために、富士山本宮浅間大社へ参拝してまいりました。

グループ各社の代表者がそれぞれ玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行い、
今年一年、従業員全員が安全に業務に当たれるよう、参加者一同で祈願いたしました。

私たちは安全祈願を神様にただ安全をお願いするのではなく、神前で誓いを立てるものだと考えています。
そのため、当社では安全に対する意識向上を目的に、各営業所で定期的に安全大会を開催しています。

お客様の商品を大切に運ぶことはもちろんのこと、従業員が怪我をすることなく働けるよう、
「安全」「安心」「安定」を最優先にして参ります。

本年もどうぞ、鈴与カーゴネットをご愛顧を賜りますよう、宜しくお願いいたします。

投稿者 : 鈴与カーゴネット

台風19号災害への義援金について

カテゴリー : CSR活動, お知らせ
2019年11月20日 11:29

2019年10月の台風19号により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

鈴与グループでは、被災された方々への支援や、被災地の復興に役立てていただくことを願い、
グループ従業員から募った義援金にグループ各社からの拠出を上乗せした合計650万円を、
静岡新聞・静岡放送文化福祉事業団を通じて、日本赤十字社に寄付致しました。

被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げますとともに、
鈴与グループは今後も様々な形で復興のサポートを続けてまいります。

投稿者 : 鈴与カーゴネット

「ホワイト物流」推進運動 自主行動宣言を提出

2019年11月12日 4:31

鈴与カーゴネット株式会社では、
国土交通省・経済産業省・農林水産省が提唱する「ホワイト物流」推進運動(リンクはこちら)の趣旨に賛同し、
持続可能な物流の実現に向け、2019年8月5日、自主行動宣言を「ホワイト物流」推進運動事務局に提出し、
ポータルサイトに掲載されました。

◆「ホワイト物流」推進運動とは?
深刻化が続くトラック運転者不足に対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、
経済の成長に寄与することを目的に、トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化、
女性や60代以上の運転者等も働きやすい「ホワイト」な労働環境の実現に取り組む運動です。

◆鈴与カーゴネット株式会社の取り組み項目(リンクはこちら
・物流の改善提案と協力
・高速道路の利用
・船舶や鉄道へのモーダルシフト
・運送契約の書面化の推進

これからも、私共の国内輸送サービスを通じて、「感謝」「感動」「感激」に変えられる様に挑戦し続けて参ります。

投稿者 : 鈴与カーゴネット

2019年静岡市森林環境アドプト事業に協賛しています

2019年10月31日、静岡市森林環境アドプト実行委員会より、企業表彰を受けました。
thumbnail_IMG_3178
鈴与カートネットの本社所在地である静岡市森林環境アドプト事業への寄付をおこなっており、今年で5年目となりました。
静岡県の自然がこれからも誇れるものであるように、当社もこの活動に協賛しています。

また、当社では、環境に配慮したフェリー輸送にも力をいれています。
フェリー輸送はトラックを利用した陸上運送に比べてCO2排出量が約50~75%削減できます。
エコシップ・モーダルシフト優良事業者として、2015年度以降選定いただいています。

今後も、当社にできる環境への取り組みを日々考え、
地域・お客様に寄り添ったサービスのご提供に尽力してまいります。

投稿者 : 鈴与カーゴネット

新卒採用イベントを積極的に行っています!

2019年10月8日 9:19

当社では、2021年度新卒採用活動に積極的に取り組んでいます。
その中で8/23(金)に開催した、インターンシップについてご紹介します。

078

今回も多くの大学3年生に参加していただきました!

【インターンシップ内容】
・事業紹介
・社員及び業務紹介
・車両見学
・配車体験ワーク

以上4つのプログラムでインターンシップを開催しています。
業界の知識を深めてもらうことに加えて、
当社独自の運送メニューや取り組みを紹介しました。
また、インターンシップならではのプログラムとして、
先輩社員による仕事紹介や配車体験ワーク、車両見学を取り入れています!

◆先輩社員の話
・入社2年目にして会社の戦力として前線で活躍する女性社員
・システム管理を行い、業務効率化に尽力する男性社員
の2名から、部署・仕事の紹介を行いました。

◆配車体験ワーク
入社後の仕事として主となる配車業務を、チーム戦による模擬ワークとして行いました。
学生からは、思わずムキになって熱中してしまったなどの声があがりました。
ワーク後は配車担当から、実際の配車についての紹介がありました。
現場で起きている事例を聞くことで、配車業務に理解が深まる様子を感じました。

072

◆車両見学
運転席から見る、普通車との視界や、安全を守るための仕組みなど、学生からは様々な発見に対する驚きの声があがり、
同時に面白さを感じる様子がありました。

【担当者より】
鈴与カーゴネットでは、通年で新卒採用活動に力を入れています。
選考前に事業を知ってもらうイベントだけでなく、
内定後から入社まで、充実した研修をご用意しています。

2021年度の選考は3月より開始しますが、
冬のインターンシップを始め、秋冬に当社を知っていただくため様々なイベントのご用意、
グループ各社の業界研究会に参加をするなど、私たちの事業を知っていただくための機会をたくさん用意しています。

こうした取り組みを通じて、学生さん達が入社後にギャップを感じることなく、
希望をもって当社に飛び込んできてもらうことが、私たちの想いです。
社員一同、皆様のご参加を心よりお待ちしています!

投稿者 : 鈴与カーゴネット

新車庫完成・増車しました!(焼津営業所)

2019年8月9日 10:48

焼津営業所の新車庫が、7月初旬に完成しました。
台数にしてトレーラーやトラックを40台以上駐車できるスペースが増えました。
00819
事務所敷地内の既存車庫に隣接しており、
従来の離れた場所にあった未舗装の車庫と比べ、
・乗務員の拘束時間減
・舗装された駐車場で車両がきれいな状態を保てる
など利便性・管理面共に改善しました。
監視カメラ、照明設備もありセキュリティも万全を期しています!

また業務拡張に伴う新車の導入も進んでおり、
・大型1台
・トラクター(トレーラーヘッド)6台
00820

00821

計7台をあわせて増車しております。

更なる増車をもって、全国各地に拠点を持つ当社の強みである「スイッチ輸送」の強化と、
コンプライアンス運行に力を入れてまいります!

●担当者より
焼津営業所では現在、ドライバーさんを大募集しております。
大型トラック:こちら
トレーラー :こちら
共に鈴与カーゴネットを盛り上げ、日本の物流を支えていきましょう!

投稿者 : 鈴与システムテクノロジー(株) メディアコンテンツ事業部

新入社員の研修成果発表会を行いました

2019年7月17日 3:03

5月31日(金)、鈴与カーゴネット本社にて、拠点研修についての成果発表会を行いました。
小笠原1

◆拠点研修とは
当社輸送サービスの3本柱である貸切輸送・フェリー輸送・食品共同配送を学ぶため、
5つの拠点を巡り、それぞれの輸送の特徴を学んでもらう為に実施しています。

◆目的
研修を通じ、下記4つの着眼点を軸に
「その営業所でしか見られないこと、学びを得る」ことを目的としています。
・物流を通して、世の中の物や会社のつながり見る
・三現(現地・現物・現実)をしっかり目で見て覚える
・配車側・ドライバー側の両面から業務を見る
・事故(貨物・車両・人身)撲滅の取り組みに対し感心することや矛盾を感じることを見つける

◆発表内容
小林2

下記4点を整理して、それぞれ発表してもらいました。
①各拠点の現場力・課題解決力を、安全・品質・生産性の観点から考える
②それらをより良くするためにはどうしたらいいのかを考える
③拠点研修を振り返っての感想
④決意表明

藁科1

業務について疑問を持ち、「なぜ」を繰り返しながら自分なりの結論を出している部分に成長を感じました。
また、その見解をもとに出席者の間でも意見交換が盛んに行われました。

最後に社長からは、予測を立てて事実が分かった時に、なぜ良かったのかorなぜ悪かったのかをしっかり考え、
そしてまた予測を立てて改善に向かう、追求の姿勢の大切さを、お言葉としていただきました。

以上を通じて、新入社員一同は入社時より一回り成長しました。
これから配属される拠点でも頑張ってください!

◆担当者より
国の血液として、世の中になくてはならない「物流」。
その中でもトラックでの輸送は国内貨物輸送の9割を占めています。
トラック輸送で世の中を支える鈴与カーゴネットでは、充実した新入社員研修があります。
当社では、2021年度卒者を対象に、夏のインターンシップを開催予定です。
物流業界、トラック、そして当社の魅力を紹介します。
ぜひ、ご参加ください!

今後も鈴与カーゴネットをよろしくお願いします。

投稿者 : 鈴与システムテクノロジー(株) メディアコンテンツ事業部

テレビ局・新聞社の取材を受けました!(スワップボディ実証実験について)

2019年5月31日 12:15

当社戦略車両の一つである「スワップボディ」を活用した共同運行実証実験が2月に実施され、
その模様についてテレビ局・新聞社から取材を受けました!

【実証実験】
実証実験は「ドライバーの労働環境改善」を主目的としており、
①毎日帰宅できるスケジュールを組めるか、②納品先での待機時間を削減できるか、を確認しました。
加えて、運行する車両台数の削減による環境負荷の軽減(CO2削減)にも寄与すると期待しているものです。

◆実証実験の内容
・下図にあるとおり、計7台で運行していた輸送を、中継拠点を設けることで、2台による往復運航を行いました。
・また、ドライバーのトラック乗り換えや貨物の積み替えなどの手間が生じないよう、
 当社保有の「スワップボディコンテナ車両」を利用しました。
・更に、待機時間削減のため、サンスター株式会社殿、ユニリーバ・ジャパン株式会社殿において、
 優先的に荷卸しを実施してもらいました。
00732
◆スワップボディコンテナ車両とは
当社保有の戦略車両の一つで、輸送の効率化を目的に16年前に独自開発したものです。
通常の大型トラックと異なり、トレーラーのように荷台を切り離すことが特徴です。
3-2
(スワップボディコンテナ)

IMG_1917
(スワップボディコンテナを接続したスワップ車両)

◆実験の効果
①中継拠点を設けることで宿泊運行から日帰り運行へ変わり、ドライバーの疲労軽減・コンプライアンスの遵守に繋がりました。
②待機時間がほぼなくなったことで、1運行あたりの労働時間は平均1.5時間削減されました。
③環境負荷は、待機時間の削減によりCO2排出量は26%削減されました。
④更に、スワップボディを使った運行をすることで、一人のドライバーが各ルートを固定的に運行できるようになり、
 輸送品質の向上も期待できます。

【今後の展開】
今回の実証実験の効果をさらに検証した上で、本番導入を行います。
また、長距離トラック輸送を巡る様々な課題の解決に向けて、
鈴与カーゴネットはお客様の協力も仰ぎながら進めてまいります!

【放送予定】
 放送日: 6/2(日)12時30分~ (再放送6/9(日)12時30分~)
 放送局: BS-TBS(Web視聴可)
 番組名: 徳光&木佐の知りたいニッポン!(公式サイト
 ※予告なく放送日が変更になる場合もあります。

投稿者 : 鈴与システムテクノロジー(株) メディアコンテンツ事業部
ページトップへ