貸切輸送、フェリー輸送、食品共同配送と国内の輸送サービスは鈴与カーゴネットにおまかせください!
お気軽にお問い合わせください!
0120-335-401
受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
のお問い合わせフォームはコチラ!
Archives

【焼津支店】2019年度 安全大会を開催しました

2018年12月4日 5:11

10月27日(土)、焼津支店にて、安全大会を開催しました。

DSCN3346
安全大会は、乗務員・作業員の安全意識を高めるために行っている取り組みです。

安全意識を高め、物流品質をより向上させていくために、
基礎の振り返りや、講師を招いての講和を主な内容として、毎年実施しています。

DSCN3350
今年も焼津支店の社員約100人が参加しました。

安全を最優先として行動するために、何が重要なのかを改めて考える機会となりました。
また、慣れから来る運転・作業の癖や、過信がいかに怖いものなのかを再認識し、
これから迎える年末の繁忙期に備え、一層気を引き締めることができました。
DSCN3395
日頃の仕事に向き合う姿勢に感謝し、優良乗務員・作業員の表彰も行われました。
見本となる乗務員・作業員の仕事ぶりを見ながら、
若手社員にもどんどん成長してもらいたいと思います。

当社ではこのような安全に対する取り組みを各支店・事業所でも実施しています。
輸送品質、安全意識を高めるため、毎年内容を考えながら開催しています。

今後も安全面を考えた取り組みを進め、
安心の輸送品質をお届けするよう努めて参ります。

投稿者 : 鈴与システムテクノロジー(株) メディアコンテンツ事業部

新入社員の現場研修(2日間)の様子

2018年9月10日 5:26

4月に入社した新入社員を対象に、
8/22にフォークリフト研修、8/23に資材を使った養生方法の研修を行いました。

【フォークリフト研修】
00265
実技では、4tウイング車にパレットを積み込む作業を行いました。
2人1組で行い、1人がフォークリフトの操作、もう1人が荷台上で誘導します。

今回の研修目的は、新入社員達は5月から8月にかけて行った「拠点研修」の知識・経験を、
今後の実務に生かしていくことにあります。(拠点研修についての前回の記事はこちら
拠点研修では様々な現場を見て回っていますが、実際に自分で作業をしてみると、
「安全を最優先するには、どうしたらよいのか」、様々な気づきを得ることができます。

【固縛養生・資材の使い方の研修】
00247
(ラップでの養生の様子)

まず、「養生とは何か」を改めて指導員から学びました。
養生は、お客様の大切な商品を傷つけずに輸送する上で、最も重要な業務の一つです。
そのことを意識しながら、商品をラップで巻く作業を行いました。
この作業にもコツがあり、どの方向からの揺れに対しても影響を受けにくい巻き方である必要があります。
勿論、丁寧さに加えてスピードも求められる作業です。
00246
(レバーブロックで固定する様子)

次に、養生資材の使い方についての講義で、
レールラッシング・フックラッシング・レバーブロック・ガッチャ・ジョルダーなど
鈴与カーゴネットで利用している資材の使い方を学びました。

新入社員にとっては、お客様の大切な商品をお預かりしているという責任を、再確認する研修となったようです。

この研修をもって、4月から始まった約5か月間の新人研修が終わりました。
この5か月で、社会人としての教養を身に付け、
また、運送という仕事への理解を深めることができたと思います。
研修お疲れ様でした。これからの活躍、期待しています!

このように、鈴与カーゴネットでは人財育成に力を入れています。
就活中の方、これから企業研究を始められる方、
その若いパワーを我が社で生かしてみませんか!
私達はあなたの応募を待っています!

投稿者 : 鈴与カーゴネット

平成30年 第2回リフト講習を行いました!

2018年8月28日 11:26

8月18日(土)、安全教育の一環として、焼津支店大井川営業所にて、フォークリフト講習を行いました。
毎年2回、フォークリフトによる事故を防ぐために、大井川営業所で行っている講習会です。
今回も多くのドライバーが受講しました。
①
毎日の業務に欠かすことの出来ないフォークリフトの安全講習を行うことで、改めて日々の業務を見直す機会となっています。
また、普段から皆様の大切な商品を運んでいることを、より一層意識する場でもあります。

【講習内容】
座学・実技の2部編成で行われました。
実技では、カウンター式フォークリフト・リーチ式フォークリフトの2台を使用し、
貨物に見立てたパレットを用いて実技講習をしました。

実技の様子
②
(カウンター式:一番ポピュラーな型です)

DSCN2714
(リーチ式:カウンター式より小回りが利きます)

ドライバーは2班に分かれ、
「荷物をトラックへ積み込む作業」と「配送先で荷降ろしを行う作業」をイメージしながらフォークリフトを操作し、
完了したところで、指導員からの指導を受けていました。

指さし確認をしているか、荷物を置く際に勢いよく置いていないかなど、
18項目ある採点表を用いて、ドライバー一人ひとりの採点も行いました。

ただ実技講習をするだけでなく、採点表を用いることにより、受講者の気持ちも引き締まります。
新たに入社した、フォークリフト経験が少ないドライバーさんでも、このような講習を通じて技術の向上が可能です!
このように、鈴与カーゴネットでは安全講習を定期的に設け、事故を無くしていけるよう、日々努めております!

投稿者 : 鈴与カーゴネット

鈴与グループ同時避難訓練の実施

2018年6月21日 7:07

5月16日(水)、鈴与グループで同時避難訓練が実施されました。
鈴与カーゴネットの本社では、職員を中心に77名の参加のもと、緊張感をもって行われました。
00366
東日本大震災から7年経過し、熊本地震など近年大きな災害が続いています。
これらの災害の衝撃や記憶を風化させることなく、いつ発生するかわからない東海地震、南海トラフ巨大地震ほか、
自然災害に備えること、そして万が一の際に速やかに対処できるよう、基本事項の練度習熟を図ることが目的です。
鈴与グループ危機管理委員会の指導の下、下記訓練が実施されました。

1. 緊急地震速報の発令~避難~人員確認

00367
社員はサイレンが事務所内に響くとヘルメットを着用し、迅速に机の下にもぐりこみます。
地震発生後、身を守る行動の再確認です。

00368
その後、大津波来襲を想定し屋上への避難、

00369
安全車両管理室が、人員の確認と同時に負傷者の有無の確認をしました。

2.システムによる安否確認

安否確認システムを利用して、本人と家族の安否確認をします。
社員全員を登録しているこのシステムで、万が一の時に備えています。
その結果を鈴与グループ内に報告します。

3. その他訓練

その他、鈴与カーゴネットでは、下記訓練も併せて実施しました。
00370 00376
給湯室での発災を想定した模擬消火

00371 00372
負傷者4名の発生事象をもとに、応急処置や、救護室への搬送

00373 00377
仮設トイレ2台設置、可搬式発電機の使用、照明点灯の確認

00374 00375
非常食準備・喫食

避難訓練を終えて

今回、4月入社の新入社員にとっては初めての避難訓練でした。
普段働く職場における災害発生時の、実演をふまえた訓練として非常に有意義で貴重な機会となりました。
今後は当社従業員だけでなく、お客様や協力会社のドライバー等が遭遇したことを想定し、
安全、速やかに避難できるように訓練を重ねていきます。

投稿者 : 鈴与カーゴネット

磐田営業所 安全大会

2018年3月12日 5:00

2/17(土)磐田営業所にて、役員・管理職を含めた関係者50名が参加し、安全大会が開催されました。

今回は、鈴与グループの経営理念である「共生(ともいき)」を掲げ、
営業所長の熱が存分にこもった安全大会となっています。

グループとの状況比較・振り返り・発表

大会はSCNグループ全社の状況とSCN浜松の位置づけから始まり、
前年度と今年度の実績及び分析
状況分析・比較

移動時における一回り確認の重要性、及び基本動作
一回り確認の重要性と基本動作レクチャー

事故撲滅取り組み継続への決意、ドライバー事故撲滅個人目標の設定と、密度の高い内容となっています。
ドライバーが事故撲滅に対して、個人目標を掲げています 事故撲滅への取り組みの継続を改めて決意しています
 

安全運転講師講話

また今回は、株式会社プロデキューブ インストラクター 溝口 様をお迎えし、
「一番に選ばれるドライバーになるために」をテーマに、
他社ドライバーの安全と品質への取り組み事例を絡め、お話を伺いました。
安全運転講師の講話です

普段握っているハンドルをペンに持ち替え、
真剣に受講しているドライバーさんの表情が印象的でした。

オーバーハング実地講習

オーバーハングは事故につながりやすい大型車の挙動です。
参考:オーバーハング動画
オーバーハング講習2

実際に体験・目の当たりすることで、危険性の喚起だけでなく、
運転の感覚を共有することで、ドライバーの当事者意識を高めていきます。
オーバーハング講習4

担当者よりひとこと

当社は、輸送に係わる事業者として、社会的な責任を果たすと共に、安全運行こそが最優先事項であると捉え、
日々安全の確保及び向上に励みます。

投稿者 : 鈴与カーゴネット

静岡営業所 安全大会を実施しました!

2017年12月6日 4:07

11月4日(土)鈴与カーゴネット静岡支店の安全大会が100名以上の参加者のもと、開催されました。

今回は前回に引き続き、ドライブレコーダーの運用サポートや運転サービスマナー講演において、
日本各地の運輸業者から引っ張りだこの、有限会社 ディ・クリエイト代表取締役 上西一美様をお招きしました。
講演1 講演2 
他社のドライブレコーダーで録画された事例を通して、たっぷりと講演をしていただきました。
講演内容をいくつかご紹介すると、

  • ・自分の身を守るためにも正しい道路交通法を学び、法律を遵守する
  • ・道路標識【交差点あり】がわざわざ設置されている箇所は、何度も危険な事例があったことを示している
  • ・渋滞の切れ目から人が飛び出ることがあるので、切れ目から加速してはいけない
  • ・人の感覚では違いがあるので、徐行の速度などは会社で設定する

などといった、本当に役に立つ内容ばかりでした。

講演3 講演4
上西先生から逆質問のコーナーがあり、バンバン指されていたのですが、キビキビと答えています!
乗務員さんの日頃の安全運行への熱心な取り組みや、豊富な業務経験が発揮できているのではないでしょうか。

堀江さん発表
その後、堀江所員から昨年度の事例と今後の対策及び今期の目標についての発表、
続いて栢森社長から全国の他企業や鈴与カーゴネット全営業所との実績の比較がありました。

表彰2 表彰1
そして、恒例の表彰式です。
一年間無事故で運行した乗務班へ、日頃の取り組みに対するねぎらいの言葉とともに、表彰と商品券の授与が行われました。


最後に、参加者全員の安全唱和にて、気持ちも新たに本年度の無事故を決意して安全大会は終了しました。
いつも大所帯での開催ですが、今回も充実した内容だったようです。


昨今は交通ルールやマナーについて議論されることも多くなっていますが、
鈴与カーゴネットでは安全運転の教育を積極的に行っています。
安全大会を通じて、さらに安全への意識を高め、お客様に安心してお荷物を預けていただけるよう取り組んでまいります。

投稿者 : 鈴与カーゴネット

浜松支店 西山営業所 輸送品質・安全会議を開催しました!

カテゴリー : CSR活動, 安全講習
2017年11月24日 11:36

10月28日(土)トクラス株式会社本社にて、浜松支店 西山営業所の輸送品質・安全会議を行い、
鈴与カーゴネット浜松支店・東北支店、鈴与㈱を含む16名が参加しました。

トクラス 物流センター長様
お客様にトクラス株式会社 物流グループ長様を迎え、
トクラス様の現状並びに今後の方向性等について、お話をうかがいました。

トクラス様についてご紹介します

トクラス様は国内で初の人工大理石カウンターのシステムキッチンを開発したメーカー、ヤマハリビングテック社を継承した企業で、
キッチンの他に洗面化粧台、バスルーム、整水器・浄水器を開発販売しています。
人工大理石のノウハウを詰め込んだパンこね台「conawork」は、大手有名キッチンスタジオで採用されています。
トクラス様の企業ホームページはこちら

会議の様子1
議事は過去3年間に起きた事例を作業工程別、商品別に分類したうえで

  • ◇ 各年度を相互比較したうえ、よくある事例に対して実際起きた例についての対策
  • ◇ 2017年度については、配送における品質について、実例を踏まえた対策

を、物流業務における「鈴与品質」のさらなる向上のために真剣に討論し、
後日、対策をさらに煮詰めたうえで現場にて検証することとなりました。

会議の様子2
お客様も参加した輸送品質・安全会議ということもあり、密度の濃い会議となりました。

輸送品質とは何か、安全とは何かと常に考え、研鑽を積んでいます。
鈴与カーゴネットと鈴与グループをこれからもよろしくお願い致します。

投稿者 : 鈴与カーゴネット

長年の安全性優良事業所認定にて表彰されました!

カテゴリー : CSR活動, 安全講習
2017年11月2日 4:49

安全性優良事業所の認定(Gマーク)を10年以上に渡り継続して取得、
輸送の安全確保を通じて社会に貢献した功績に対して、
㈱鈴与カーゴネット九州 本社営業所が運輸支局長から表彰を受けました。

14社合同で表彰式が行われました
10月24日(火)、福岡運輸支局にて14社合同の表彰式が行われ、賞状を授与されました。

長年のGマーク認定によって功績を称えられました
鈴与カーゴネットグループでは、
Gマーク制度(貨物自動車運送事業安全性評価事業)の認定取得を推進しています。
日頃の安全品質向上に対する取り組みが、今回の表彰につながっています。

鈴与カーゴネットグループは今回の表彰を励みに、
これからも安全第一でサービスの提供を続けて参ります。

投稿者 : 鈴与カーゴネット

北九州営業所 安全大会開催!

カテゴリー : 営業所紹介, 安全講習
2017年10月27日 5:53

10月7日(土)北九州営業所にて関係者23名が参加し、安全大会が開催されました!

IMG_2420-min

安全大会とは?

トラックで運ぶ品物は様々です。
そして、積み荷を積むときも降ろすときにも様々なリスクがあります。

  • ●現場における労働者の安全と健康の確保
  • ●快適な作業環境の形成を促進
  • ●物流品質の向上

以上を目的に、関係者が一堂に会して開催されます。


IMG_2424-min
前年度の安全品質に対する振り返りから始まり、
作業の慣れによる不注意はなかったか、手順通りに行われていたかの確認が行われました。

IMG_2432-min
次に今期の安全品質目標が発表され、

  • ◇ 基本動作と作業ガイドラインの厳守
  • ◇ 作業手順を徹底して順守
  • ◇ 危険予知の常時意識付け

以上を改めて営業所内で共有しました。

IMG_2433-min
最後に、ヒヤリ・ハットの瞬間が収められたドライブレコーダーの映像を全員で確認し、
新たに気持ちを引き締め、安全品質のさらなる向上を誓って安全大会は終了しました。

年末にかけて業界も繁忙期を迎えますが、
今後も社員一丸となり、安全運転・安全作業の徹底を心がけて参ります。

投稿者 : 鈴与カーゴネット

全車ドライブレコーダー搭載!

カテゴリー : CSR活動, 安全講習
2017年10月19日 5:14

鈴与カーゴネットは全車にドライブレコーダーを搭載しています。

ドライブレコーダーとは

車両に搭載されたカメラによって、録画した映像を安全運転教育に役立てるために作られ、2003年頃から実用化され始めました。
また、2007年を皮切りに事故防止だけでなく燃費向上などにも効果があるとされ、運送業界での導入が進んできています。

現在では常時録画タイプが主流となり、走行中のすべての映像が録画できるようになっています。
s_ドラレコ2
こちらが記録用のカメラです。
エンジンがかかると自動でカメラも起動するようになっています。

取り付け位置
カメラは赤丸部分についていることが多いです。
最近は自家用車でもカメラを取り付けているのをよく見かけるようになりましたね。

今回、当社の安全教育担当者に詳しい内容を訊いてみました。

全車ドライブレコーダーにした経緯は?

これまでも9割方のトラック・トレーラーに搭載されていたドライブレコーダーですが、
安全に対する効果が大きいことが実証されたため、全車に搭載することになりました。

全車にドライブレコーダーを搭載したメリットは?

危険予知訓練(略してKYT)ではその名の通り、危険に対する予測能力を養っていくのですが、
経験の蓄積もさることながら、事前に知識を蓄えることによってドライバーの危機予測能力を強化しています。

ドライブレコーダー導入前には紙に書かれた文章による学習が訓練のメインでしたが、
ドライバー自身の知っている道が映像として出てくることによって、自分の事としてより身近に危険をとらえるようになり、
危険予知に関する引き出しが格段に増えて、安全教育にとても役立っています。

録画確認画面
ドライブレコーダーで録画したデータはパソコンで見ることができ、
運行マナーの確認や、映像・画像を使った安全教育で活用されています。

鈴与カーゴネットはこれからも安全品質の向上に取り組んでまいります。

投稿者 : 鈴与カーゴネット
ページトップへ